スクエニのグリムノーツをはじめてみた

 

ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ zknsです。

スクエニのRPGアプリ、グリムノーツってのを始めてみました。なんとなく世界観が面白そう、グラフィックもくどくなさそう、ということで。

グリムノーツ | SQUARE ENIX 公式サイト

基本、チュートリアルがだらだら続くRPGとかあんまり好きくないんですが、そんなこともなかったのでちょこっとだけレビュー。

Sponsored link



Android↓

The app was not found in the store. :-(

iOS↓

このゲームの気に入ったところはストーリー。例えばゲーム操作自体は作業の繰り返しだとしても、ストーリーを読み進めるためだけにプレイしてもいいぐらい。

Screenshot_20160215-103641

はじまりはじまり~。
Screenshot_20160215-103823

チュートリアルが始まる前からストーリーは始まっています。このゲームの世界は様々な世界がパラレルに存在しており、それぞれの世界に「主役」となるキャラクターがいる、というもの。うん、すごくスクエニっぽい。というかキングダムハーツっぽい。

Screenshot_20160215-104013

この世界ではすべての住人に「本」が与えられています。その「本」には住人それぞれの「役割」が記されていて、そのとおりに人生を歩んでいく。「白雪姫の書」を与えられれば、毒りんごで殺されて、王子様のキスで目覚める。そういうストーリーがわかっている人生ということみたいです。

で、プレイヤーに与えられた「本」は「空白の書」、つまり、他の「主人公(=ヒーロー)の魂」を憑依させられる書を持っている、という設定。

ヒーローを憑依させるには、その魂が封じられている「栞」を使って、「空白の書」に魂を映し込むという仕組み。

Screenshot_20160215-104115 Screenshot_20160215-104138

バトル操作自体はすごく簡単です。目をつぶっていてもできるレベル。

Screenshot_20160215-104225

戦闘時のグラフィックも綺麗。

Screenshot_20160215-104435

最初のチュートリアルが終わってから名前を入れます。ストーリーに干渉しない進め方が好感度高め。

Screenshot_20160215-104547

「想区」というのがパラレルに存在している世界のこと。その世界を作っている神様のような存在が「ストーリーテラー」。そのストーリーテラーが異常をきたして世界にひずみをもたらすようになったもの、それが「カオステラー」だそうです。

Screenshot_20160215-104907

プレイヤーの住んでいる世界は「シンデレラ」の世界だそうです。しかも、幼なじみ。この設定は正直、くさいw

Screenshot_20160215-105133

いきなり仲間が増えました。イケメンお兄さんマジイケメン。

Screenshot_20160215-105838

この鏡がいわゆるところの「ガチャ」。ヒーローの魂を呼び出せます。

Screenshot_20160215-110025 Screenshot_20160215-110031

Screenshot_20160215-110041 Screenshot_20160215-110046

中身を見てみると、なんかいろいろいます。

Screenshot_20160215-110129

空白の書にも属性があって、すべてのヒーローを憑依できる「ワイルド」属性の持ち主は非常に珍しいらしい。で、プレイヤーはその「ワイルド」の持ち主。これは出落ちw

Screenshot_20160215-110500

ガンガンすすめていきます。

Screenshot_20160215-110554

またなんか出てきた。この本の中には箱庭があります。

Screenshot_20160215-110722

箱庭ゲーもできるっぽい。この辺の良さはいまいちわからないwここまでやるとチュートリアルは終了。結構長かったですが、ストーリーを読みながら作業しながらだったので、飽きずにできました。なかなか面白そうです。

Screenshot_20160215-112351 Screenshot_20160215-112402

この辺を見ると、普通のソシャゲーっぽいw

このへんもぼちぼちやっていきながら、気が向いた時にレポしようかと思います(∩´∀`)∩






 

おすすめ記事

コメントを残す