久しぶりに上田城FF Nightを開催した話

 

ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ インベントリが1,000切ってるzknsです。

眠いのと忘れちゃうので勢いで書きますが、今日(5月7日)久しぶりに上田城でFFしてきました。

2016-05-07

Sponsored link





FFってなんだよという方に説明しよう!

FFとはFlash Farmのことだ!

レベル8以上のIngress Agentが8人以上集まってレベル8ポータルを作り、マルチハックやヒートシンクなんかを組み合わせて補給仕様にしてX8などアイテム補給をしながら井戸端会議する会のこと。

今回の参加者は最終的に10人、お初にお目にかかった方が3人いらっしゃいました。
MODスロットの組み合わせはVRHS×1 VRMH×3
FF対象ポータルは5つ。

 

で、補給を始めたらチャリに乗ったジイさんともう一人男性が来て、ジイさん「ホヤノってどこだい!」「ホヤノに行きたいんだけど!」とうちらに話しかけてきた。

エージェントT「○○のこと?」

zkns「○○ならむこうですよ(南側を指差して)」

ジイさん「えっ?あっちから俺行ったことあるんだよ!あっちだろ!?(私とは全く別の方向を指差す)」

Tさん「いやいや○○はアッチですよ。川向う。8キロ位ありますよ。」(※川=千曲川)

ジイさん「いやいや!俺川渡りたくねぇんだよ!

一同「(それはむりだろう・・・)」

ジイさん「川渡らねぇで行く方法ねぇかい!」

Tさん「それは空飛ぶしかないっすね(棒

一緒に来た男性「・・・あのー、ここ、これですか?(スキャナを見せながら)」

一同「(ジイさんの連れじゃなかったのか・・・)」

 

あまりにジイさんがインパクトデカすぎて全くグリフハックできなかったFF参加者の面々だったのでした。

 

FFの醍醐味はやっぱ補給よりもコミュニケーションですね。

普段あんまり集まってプレーすることのないゲームだけど、名前だけは知ってる。
文字だけでも親近感が湧いてくると、自然と「この人に会ってみたい」と自然に思うみたいです。

会ってみて喋ってみて、その人の姿をちゃんと見れたな、という気持ちになれます。

 

楽しいしお手軽なんでまたFFの旗振りやりたいと思います。






 

おすすめ記事

コメントを残す