HIKAKINの本はYouTuberになりたいとのたまってる小中学生こそ読むべき

 

ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ zknsです。

ネタはあるんですが、本日は読書感想文です。

Sponsored link








今回読んだのは皆さんご存知のYouTuber、HIKAKINの本。2013年の本なのでもう2年前になりますが。

 

まず、なぜこの本を手に取ったかというと、全く理解できないことをやっている人なので、何を考えているのか知りたかったから。
読んでみて思ったのは、ある意味期待を裏切られた、という感じでした。

まず、この本はHIKAKINという人についての自伝という感じではありません。
どちらかというと、YouTuberになるためのハウツー本です。

日本でおそらくはじめてYouTuberとして認識された彼なりの努力の経緯を知ることが出来ますが、その努力がどれほど大変かというのをあまり感じさせない文体で書いてあります。

横書きで、フォントも丸みを帯びたゴシックやポップ感のあるもの。
基本的に若い世代に読んで欲しいのかな、というのが見える校正です。
アナリティクスとか広告仲介業とか、そこそこ専門用語は出てきますが、すべてが若い世代、特に中高生がわかるように解説されながら進んでいきます。

 

前半はYouTuberになろうと思ったきっかけ、ざっくりとした現在までの経緯、YouTubeの素晴らしさ等々が書き連ねられていて、正直ちょっとうさんくさいな〜と感じましたw

中間はYouTubeで稼ぎを得るためのテクニック。
YouTubeでアフィリエイトをしている・しようと思っている人には参考になる内容が結構書いてありました。
この辺りはわりと実用的な内容ですが、そこに紹介されている項目を漏れなくやりこなしてきたのだとしたら、HIKAKIINという人は本当にまめで努力の人であろうということがわかります。
並大抵の人や、思いつきでYouTuberになろうと考えているひとには出来ることではないです。

後半はYouTubeに限らず、発信することの怖さについて。
発言に注意すること、個人情報管理の重要さなど。
書いてあることは本当に基本のことですが、すべてがしっかり出来ている人はまれなのかもしれません。

 

全体を通して苦労話や挫折経験などはあまりありませんでしたが、所々苦労の垣間見える内容。

読了してみると、世間一般で持たれる彼のイメージとは全く違う、「真面目でマメで執念深く、YouTubeとビートボックスをこよなく愛している人」というのが感じ取れました。

 

小学生のなりたい職業ランキングにYouTuberがランクインする昨今、なりたいとかのたまってる子は教科書として読むべき内容だと感じました。




 

おすすめ記事

コメントを残す