Huawei Band 2 Proをしばらく使ってみたレビュー

 

ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ zknsです。
久しぶりの更新ですが、ガジェットレビューです。

Sponsored link

ねんがんの活動量計をてにいれたぞ

今回GETしたのはHuawei Band 2 Proでございます。

彼ピッピ()にバレンタインでトイドローンを購入したんですが、ホワイトデーのお返しが電光石火で返ってきた形です。
ちなみにバレンタインドローンはこれです。気が向いたらまた記事にします。

活動量計をつけてよかったこと

アプリと連携して活量を記録する

Huawei Health

Huawei Health
無料
posted with アプリーチ

Androidのみですが、Huawei謹製のヘルスケアアプリがあります。このアプリと連携して、歩数・移動距離はもちろん睡眠の質や心拍数なども逐一記録してくれます。

運動したくなる

 

以前の記事のどこかに書いたんですが、私はデータを見るのが好きです。グラフ大好き。グラフ見たりいじったりするだけで3時間は楽しめます。

んで、運動することでそれが数字になってグラフになるのが楽しいので、運動しようかなという気にならざるを得ません。

スクリーンショットはないですがHuaweiヘルスのアプリ内でトレーニング記録をつけることも出来るので、どこからどこまで何キロ何分歩いたか、平均時速はどのくらいか、消費カロリーはどのくらいかなども記録できます。

たのしい。無駄に歩きたくなるので早く暖かくなって欲しい。(寒さには勝てない)

ちなみにHuwei Band 2 Pro本体にGPSが内蔵されているので、スマホを持って歩かなくてもOK。
荷物少なくして運動できるのうれしいですね。

よりよい睡眠をしようと心がける

心拍数を計測してくれるので、睡眠記録も随時取ってくれます。

さらに睡眠の質をスコアで出してくれるので、早く寝ようと心がけるようになります。
それだけでなく、質の良い睡眠をするにはどうしたらいいか、具体的なアドバイスもしてくれるのでとても便利。

寝る前にスマホいじるのやめようと思いました(やめたとは言ってない)

逆にイマイチなこと

左腕がじゃらじゃらする

前回のPodcastでも話しましたが、いままでつけていた腕時計もつけていたいので、左腕が時計だらけになります。

心拍をとるには手首の骨から指一本分あけて着けないといけないらしく、この位置につけると袖に隠れてしまいますよね。ワイシャツとか特に。
で、時間を確認する時にいちいち袖をまくりあげて見るのもどうなの?というわけで、腕時計もつけるというよくわからん事態になっています。

左腕がムキムキになることうけあい。

水仕事がしづらくなる

いちおう5気圧防水対応なので、水泳するときも着けててOKというシロモノ。
ですが、水仕事となると話は別です。洗剤使ったりするので、やっぱりちょっと怖い。

というわけで、着けてる場合は慎重に。
または腕から外して充電ドックに装着してます。

一緒に買ったほうがいいもの

フィルムはTPUフィルムがおすすめ

画面が湾曲しているのでTPUの柔らかいフィルムがおすすめです。
数枚入ってて無駄じゃね?と思うなかれ、十中八九一度はフィルムを張り損ないます。このフィルム貼るの難しすぎた。

フック式のBluetoothイヤホン

絶対に運動したくなるので、振動しても耳から落ちにくいフックの付いたワイヤレスイヤホンがおすすめ。
今フックなしを使ってますが、耳からポロッと落ちてグシャッと踏みそうになります。

悩んでたら買え

GPSつきで心拍を測れる同クラスのものと比較すると、めちゃくちゃ安いです。小一万で買えちゃいます。

アプリがAndroidのみ対応ということを除けば文句なし。悩んでいるなら買って損はないデバイスだと思います。

というわけで、またしばらく使ってみて何か発見があったら追記したいと思います。ではでは。

 

おすすめ記事

コメントを残す