新しいまちなか循環バス「ぐるっと上田丸」はスマホを使うと便利

 

ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ zknsです。

少し前に上田のまちなか循環バスでどれだけハックできるか確かめてみた記事を書きましたが、今回レトロ風のまちなか循環バスがお目見えしたみたいです。今日はその話。

ODEK2016032700561701

Sponsored link







 上田市は26日、中心市街地を走る「まちなか循環バス」に専用車両の小型バス「ぐるっと上田丸」を導入した。地元ゆかりの戦国大名・真田氏の甲冑(かっちゅう)「赤備え」にちなんだ赤色で、レトロ調のデザインが特徴。スマートフォンでバスの現在位置などが調べられるシステムの運用も始めた。

 まちなか循環バスは、乗車料金を1回100円、1日乗り放題で300円の低料金に設定。昨年10月に運行を始め、上田駅を発着点に上田城跡公園や海野町商店街など1周約7キロを約25分で巡る。NHK大河ドラマ「真田丸」の影響で増加する観光客の利便性向上と市民の生活の足を確保するのが狙いだ。

 市によると、新たな車両は立ち席も含めて33人乗りのノンステップバスで、導入費用は3千万円。この日、上田駅前で開いた出発式で母袋創一市長は「循環バスで街ににぎわいを創出し、活性化につなげたい」とあいさつした。

 土日祝日に加え、3月26日〜5月8日、7〜8月、10月1日〜11月13日、来年3月25〜31日は毎日運行する。

画像と文の引用元:信毎おでかけガイド 信濃毎日新聞社

レトロな外観カワ(・∀・)イイ!! 赤というより臙脂色のボディも好印象です(*´ェ`*)

まちなか循環バスは30分毎に上田駅前から出発する循環バスで、上田市街地の主要なスポットをめぐります。

料金は、どれだけ乗っても1乗車100円で、300円の一日券を購入すると1日の間何度も乗り降りできるという、ステキなもの。
しかも、大河ドラマ館や博物館、飲食店の割引もある(リンク先PDF)という素晴らしいアイテムです!

Ingressエージェントの方はどれだけ歩いても大丈夫だと思いますがw、年配のご家族の方とも上田観光をしたいとか、あまり歩きたくないという方にオススメ。

前回実際に乗ってみたところ、上田駅から松尾町商店街、市役所前、上田城のまわりをぐるっとまわり、北国街道柳町の入り口、原町・海野町各商店街をまわって、科野大宮社前を通りまた駅まで戻ってきます。
それぞれはあまり離れていませんが、全てくまなく回るとなると結構な距離なので、ポイントからポイントへの移動はバスが楽ちんです(∩´∀`)∩

で、今回スゲ━━ヽ(゚Д゚)ノ━━!!!!と思ったのは、スマホからバスの現在地が分かるようになった所。

こちらから確認できます。
まちなか循環バス(運行情報)

d

この画面の「運行情報」をタップします。

a

このバスアイコンがあるところが、現在バスが走っている位置。
で、今いるバス停の名前をタップすると・・・

f

目的のバス停までの所要時間がわかる仕組みになっていますヽ(=´▽`=)ノ
交通規制が行われるようなお祭り(上田真田まつりとか上田わっしょいとか)はルートが変更になるんだと思いますが、これ知ってるだけでかなり移動がラクになりそうですね(*´ェ`*)


えきねっと びゅう国内ツアー

 

おすすめ記事

「新しいまちなか循環バス「ぐるっと上田丸」はスマホを使うと便利」への1件のフィードバック

コメントを残す